ポリオレフィン シュリンク フィルムは、その耐久性、透明性、および使いやすさから、製品パッケージによく使用されます。 しかし、生分解性収縮フィルム 存在するかどうか、環境へのリスクをもたらすかどうかについて多くの人が疑問に思っています。

ポリオレフィン シュリンク フィルム: 生分解性ではありませんが、環境に優しい

真実は、ポリオレフィン収縮フィルムは生分解性ではないということです. 他の多くの種類のプラスチックと同様に、環境中で分解するには数百年かかる場合があります。 ただし、これは、ポリオレフィン収縮フィルムが必ずしも環境に有害であることを意味するものではありません。

実際、ポリオレフィン シュリンク フィルム (PO) は、PVC (ポリ塩化ビニル) や PET (ポリエチレン テレフタレート) などの他のタイプのシュリンク フィルムよりも環境に優しい包装オプションであると考えられています。 焼却時に有害な化学物質を放出する可能性のある PVC シュリンク フィルムとは異なり、ポリオレフィン シュリンク フィルムは安全にリサイクルおよび再利用できます。 一部の製造業者は、リサイクルされた材料を使用してポリオレフィン収縮フィルムを製造し、環境への影響をさらに減らしています。

ポリオレフィン収縮フィルムを使用することの環境上の利点

ポリオレフィン収縮フィルムは生分解性ではないかもしれませんが、環境への影響を減らしたい企業にとっては実行可能な選択肢です。 ポリオレフィン シュリンク フィルムを選択することで、企業は二酸化炭素排出量を最小限に抑えながら、製品に高品質のパッケージを提供することができます。 また、継続的な研究開発により、将来的にさらに環境に優しいシュリンク フィルムのオプションが利用できるようになる可能性があります。

生分解性収縮フィルム のクレームリスク

「生分解性収縮フィルム」を製造していると主張する会社がいくつかあることは注目に値します。 これらの製品は魅力的に聞こえるかもしれませんが、購入を決定する前に注意して調査を行うことが重要です. これらの製品の一部は、生分解を促進する添加剤で処理されたポリオレフィン収縮フィルムにすぎない場合があります。 他のものは、特定の条件下で生分解できるPLA(ポリ乳酸)などの植物ベースの材料から作られている場合があります。

持続可能な包装のための高品質ポリオレフィン収縮フィルムの選択

結論として、ポリオレフィン収縮フィルムは生分解性ではないかもしれませんが、環境への影響を最小限に抑えたい企業にとっては責任ある選択です. 評判の良いメーカーから高品質のポリオレフィン シュリンク フィルムを選択することで、企業はパッケージングが効果的で環境に優しいものであることを保証できます。 私たちは、高品質の製品を生産する中国のプロのポリオレフィンシュリンクフィルムメーカーです。 優れた性能のシュリンク包装材料を世界中のお客様に提供する。 詳細については、お気軽にお問い合わせください。 生分解性ポリオレフィン シュリンク フィルムやその他の持続可能なソリューションの出現など、包装業界の新たな展開について最新情報を入手することが重要です。

お問い合わせ

8 + 5 =